意外と知らない!?iPhoneの歴史

ブランドとして確立

ガラパゴス状態だった日本の携帯電話業界において、iPhoneはスマートフォンというジャンルを浸透させ、ブランドイメージを確立させました。その流行性は女子高生がこぞってiPhoneを買い求めるようになるなど、最早ひとつのガジェットではなく、トレンドを代表するアイテムとしての地位を確かなものとしていたのです。

iPhone5はいよいよ4G回線、LTEに対応したことによって高速データのやり取りが可能となりました。これにより自宅に光回線を繋いでいないという人や、Wi-Fiを持っていないという人でも最先端のインターネット体験が出来るようになったのです。また、このようなデータのやり取りが出来るようになったことで、動画配信サイトやSNSの台頭が目立つようになります。

また、iPhone5を語る上で欠かせないのが、Lightningコネクタでしょう。従来の接続端子とは違って裏表を気にせず接続をすることが出来るようになるなど、これからのiPhoneの流れを決定付ける大きな変更点となりました。画面が大きくなったことによって表示アプリアイコンの数が多くなるなどの地味な変更点はあれど、このLightningコネクタがiPhone5一番の特徴だと言えるでしょう。